即カラミツイテくるやつ♪

チャート分析不要のAIシステムに、風俗代稼がせます?

「コロナ感染は自業自得」世界で最も他人に冷たい日本人の異様さとエロい女がいる店

他人には厳しすぎる日本人の国民性

未だ終わらないコロナ

夏の到来で収まりを見せるのではないかと期待されていたコロナ禍。期待は裏切られ、新型コロナウイルスについて現在も終息のめどはたっていません。

https://iamtokyogirl.blog.fc2.com/e/menz_este_guradorukyuu

日本では東京を中心に感染者が増えているにもかかわらず、感染した人を「自己責任」と見なす社会の風潮はあまり変わっていません。今回は海外とも比べながら日本の「自己責任論」の背景にあるものを考えてみます。

↑のような女がいる店はこちら

先日、大阪大学の三浦麻子教授らの調査により、日本では他の国よりも「新型コロナウイルスに感染するのは自己責任」と考える人が多いことが分かりました。

教授らが賛否の程度を6段階に分けた上で400~500人に「感染する人は自業自得だと思うか」と質問をしたところ、「どちらかといえばそう思う」「ややそう思う」「非常にそう思う」のうちのいずれかを選んだのは、アメリカで1%、イギリスで1.49%、イタリアで2.51%、中国で4.83%でしたが、日本ではこれをかなり上回る11.5%でした。

コロナウイルスへの感染について「自業自得だとは全く思わない」と答えた人は上記の4カ国では60~70%台だったのに対し、日本では29.25%にとどまっています。

つまり日本では多くの人が「感染したことについて本人に全く責任がないとは言えない」と考えているということです。

「自分自身」にこれを課しているのだとしたら「自分に厳しく責任感が強い」とも言えそうですが、実際にはコロナウイルスに感染した「他人」に対して厳しい見方をしている人が多いのが現状です。

https://iamtokyogirl.blog.fc2.com/e/menz_este_guradorukyuu

日本でよく見られる「どっちもどっち」という考え方

日本で被害者が「トラブルを起こした人」という扱われ方をされてしまうことは珍しくありません。

知人の娘は学校でいじめに遭いましたが、先生は加害者に注意をすることなく、「お友達なんだから仲直りしましょう」といじめの被害者と加害者の双方が互いに「謝罪」をすることを求め仲直りさせようとしたといいます。

電車で女子高生が痴漢の被害に遭った場合、必ずしも「痴漢が悪い」という展開にはならず、「最近の若い子はスカートが短いからね」などといった声が聞こえてくるなど、あたかも被害者に原因があったかのような発言をする人が目立ちます。

レイプ被害に遭った伊藤詩織さんに関しても、レイプの原因が彼女の経歴や性格、容姿にあるかのような声が日本では目立ちました。  日本では「加害者」と「被害者」というふうに分けるよりも、「トラブルはあくまでも双方の問題である」という考え方が根強いのです。

コロナ禍では新型コロナウイルスがいわば「加害者」であるわけですが、感染した被害者が責任を問われ叩かれてしまうのはそういったところに原因があるのではないでしょうか。

難しいところです。

疲れている日本人、リラックスしましょう。

https://iamtokyogirl.blog.fc2.com/e/menz_este_guradorukyuu

エロい女がいる店

疲れをほぐして、be cool , be niceでいきましょう♪

鬼シコできますよ♪

分析不要のAIシステムに稼がせます?